岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


婦人科系のトラブルの中には、妊娠に影響するものもあります。

 生理不順や生理痛などがあっても、「これぐらい、たいしたことないだろう」と自己判断をされてガマンしている女性の方、多いようです。

しかし、こうした生理のトラブルが、将来の不妊原因につながることも。

「生理不順や生理痛などがある場合は、それが治療すべき病気によるものか、妊娠に影響するものかどうかなど、早めにチェックしたほうがいいですね。また生理不順の人の中には、生理がちゃんときていても排卵していないことがあります。生理が不規則な人は排卵の有無だけでも調べておいたほうが安心でしょう」(京野アートクリニック高輪・京野廣一先生)。


受診して婦人科の病気が見つかった場合、その病気の治療をしている間は妊娠できなります。

しかし病気の治療をしている間も卵子の数はどんどん減っていますし、卵子の老化も進んでいます。

妊娠するためには”時間”が非常に大事なので、気になることがあれば早めに受診して、トラブルは早めに改善・治療しておくのがいいでしょう。


 過去に婦人科系のトラブルで手術をしている、クラミジアなどの性感染症にかかったことがある場合は要注意。

子宮や卵巣周辺に癒着があって、妊娠しにくくなる可能性があります。

こういう場合は、早めに不妊症を専門に診る医師に相談された方がいいと思います。


また、体内の脂肪の割合は女性ホルモンの分泌にも影響します。

太りすぎや痩せすぎ、ともに無排卵や無月経などのトラブルを起こしやすいので、適正な体重維持を心掛けましょう。



だいじょうぶ!?生理のトラブル

生理痛; 妊娠への影響・・・ややあり
【日常生活が営めるかどうかが受診の目安】生理の時に下腹部痛が起きたり、腰が痛くなったりするなどの症状を感じる女性は多いでしょう。受診の目安は、電車やバスで立っているだけでもつらい、家事や仕事ができずに寝込んだりするなど、日常生活に支障が起きる場合。不妊の原因になる子宮内膜症などの病気が隠れている可能性があります。痛みの感じ方には個人差がありますが、年齢とともに生理痛がどんどんひどくなってきたような場合も、早めに受診したほうがよいでしょう。



生理不順; 妊娠への影響・・・ややあり
               【排卵があるかどうかすぐに調べましょう】生理の期間が長い「過長月経」や、逆に期間が短い「過少月経」のほか、生理と生理の間が25日未満だったり、39日以上だったりする場合を生理不順といいます。大きなストレスがかかったり、大幅な体重の増減があったりすると、脳からの指令がうまく出されなくなります。すると、生理の期間や周期が乱れて排卵障害を起こしたり無月経になることが・・・・。妊娠を望む場合、排卵の有無が大きな問題なので、すぐに受診した方がよいでしょう。



月経前症候群(PMS); 妊娠への影響・・・特になし
【ホルモン分泌が順調ということなので心配しないで】生理前の高温期に心やカラダにさまざまな症状が出て、生理がくるとおさまるものを「月経前症候群」といいます。生理のある女性の20~30%に見られ、イライラして怒りっぽくなる、憂うつな気分になる、頭痛やのぼせ、乳房やお腹が張るなどの症状があります。日常生活に影響が出ることもあり、本人にはつらいものです。原因には卵胞ホルモンや黄体ホルモンなど妊娠に必要な女性ホルモンがかかわっていますが、妊娠には問題ありません。



不正出血; 妊娠絵の影響・・・ややあり
【不妊につながるサインのことも】茶色っつぽい出血やピンク色っぽいおりものでも、通常の生理期間外であれば不正出血です。生理がだらだらと10日間以上続く過長出血や、排卵日・高温期に出血する場合は、うまく排卵できていなかったり、子宮筋腫や子宮内膜ポリープが受精卵の着床を妨げていることがあります。また、クラミジアに感染して卵管に癒着が起き、卵子や受精卵がうまく運ばれなくなっていることも。重大な病気の可能性も考えられるので、早めに受診しましょう。

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ