岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


月経痛が重くて動けない・・・・子宮内膜症

月経がある女性の10%が抱え、推定患者数は260万人といわれる子宮内膜症。
強い月経痛が病気のサインです。

鎮痛剤が手放せないくらいなら、その可能性があります。
不妊症の原因にもなりますから、早期発見・早期治療がカギです。
早めに婦人科を受診しましょう。


子宮内膜症を疑うサイン
  • 鎮痛剤がきかないほど月経痛がひどい
  • 徐々に月経痛がひどくなってきている
  • 月経以外のときでも下腹部痛がある
  • 性交時に腰が引けるほど痛い
  • 排便のときに痛みがある
  • 肛門の奥の方が痛い
  • 腰痛がひどい
  • なかなか妊娠できない
ひとつでもチェックがついたら疑いがあります。
強い月経痛、月経時以外の下腹部の痛み、排便痛や性交痛がある方は疑いが濃厚になります。



子宮内膜症は、本来、子宮にあるべき子宮内膜に似た組織(いわゆる子宮内膜症組織)が腹膜、卵巣、卵管などの臓器、ダグラス窩など子宮内以外の部位に”飛び火”し、月経のたびに増殖、悪化していく病気です。
卵巣への飛び火は、卵巣内にできた袋にチョコレート色の古い血液がたまることから、チョコレートのう胞と呼ばれます。

ただの痛みと思って放置してしまうと

QOLの低下
月経痛で仕事や家事を休まざるを得なかったり、友人との食事やデートを楽しめないなど、QOL(生活の質)の低下を招きます。

妊娠力の低下
チョコレートのう胞で排卵機能は低下。
子宮内膜組織による卵巣や卵管などの臓器の癒着、炎症反応も妊娠力低下の原因になります。

将来、ガン化の恐れも
チョコレートのう胞と卵巣がんとの合併症は30代で1.3%、40代で4.1%、50代で21.9%で年齢とともに上昇します。




 《子宮内膜症ではチョコレートのう胞が多い》
子宮内膜症は子宮や卵巣、卵管、直腸、膀胱などの表面、腹膜、時には肺など、色々な臓器(場所)で発生しますが、卵巣内にできるチョコレートのう胞が82%と最も多いんです。

「チョコレートのう胞」・・・82%
卵巣内に袋状の病巣(のう胞)ができ、その中に月経のたびに古い血液がたまっていきます。
6cm以上で手術が必要になります。
細菌感染を起こしやすく、不妊や卵巣がんのリスクも高くなります。

「癒着」・・・75%
子宮内膜症組織はのり状でベタつくため、腹膜や臓器の表面で増殖を繰り返しながら広がることで、子宮、卵巣、卵管、膀胱、直腸などの臓器が互いにべったりとくっついてしまいます。

「腹膜病変」・・・36%
臓器を覆う腹膜や、臓器の表面に発生する一般的な子宮内膜症。
数ミリ単位のものがいくつも散らばっていることが多く、増殖を繰り返すことで、臓器が癒着を起こすこともあります。

「子宮腺筋症」・・・29%
子宮筋層内に子宮内膜症組織が入り込むことで発生します。
子宮壁がでこぼこになったり、子宮筋層内全体に入り込んで子宮が肥大化します。
激しい痛み、過月経を伴うこともあります。

「深部子宮内膜症」・・・9%
子宮と直腸のくぼみ、ダグラス窩に出来ることが多いです。
子宮内膜症組織が腹膜の5mm以上奥にできた状態で、子宮内膜症の最も重症化した状態です。
性交痛や排便痛があります。

「他臓器子宮内膜症」・・・5%
骨盤内以外の臓器で発生する子宮内膜症。
血管やリンパ管を通して、肺や横隔膜でも発生し、月経のたびに気胸や喀血(かっけつ)を起こすこともあります。





『ひどくなる前に一度産婦人科へ。内膜症かどうかは簡単にわかります』

問診
強い月経痛や排便痛があれば、問診でほぼ子宮内膜症と診断されます。

yajirushi-002.jpg
内診
子宮の状態の確認、病巣の特定を行います。
ダグラス窩の深部子宮内膜症が疑われたら直腸診も行います。
yajirushi-002.jpg
経腟超音波
子宮や卵巣の状態を確認します。
チョコレートのう胞は経腟超音波で診断が可能です。


※ 必要に応じて血液検査
血液検査では、卵巣がんのマーカーCA125の上昇を見ます。
それによって子宮内膜症の状態、治療効果、再発の有無が分かります。



【最後に私たちがお伝えしたい事】

子宮内膜症の治療は、症状によって異なります。

癒着や炎症が無くて、すぐに妊娠を希望されない場合には、月経痛の軽減を目的として『ホルモン療法』が行われます。
月経を軽くしたり月経を止めることで、結果として病気の進行に歯止めをかけます。

主流は低用量ピル。
低用量ピルで症状が改善されない場合には、黄体ホルモン剤が用いられます。

ただ、覚えておいて・・・お伝えをしたかったのは、生理前二週間は「高温期」とよばれ、子宮内膜を厚くして妊娠に備える時期です。
この時期の女性のカラダは、むくみや便秘になりやすい状態になっています。

ホルモン治療では、人工的に高温期の状態をつくりだしますから、更にむくみや便秘が生じます。

「ホルモン剤を使うと太りやすい」と言われるのはそのためです。


ホルモン治療もある程度はたしかに必要です。
しかしあまりに長期にわたると、かえってホルモンバランスを崩して体重を増やし、結果瘀血(おけつ)を作り出していらっしゃる方も少なくありません。

根本的に体質から変えていく方法も、お考えになる事が大切なこと、と私たちは思っています。

そんな方のために、東洋医学は役立ちますから。

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ