岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


不妊検査についてのお話

妊娠とは女性の体内で継続されるものですから、女性に於いては不妊に関する検査も多岐にわたります。
しかし問題は、医療機関によって検査の統一性が見られないというのも現実なのです。
また、検査を行いだしたらキリがないのも、女性の不妊検査の特徴です。

代表的なものとしては、生理周期に合わせ、生理期間中にLH(排卵させるホルモン)、FSH(卵を育てるホルモン)をチェックする検査があります。

さらに高温期半ばには、黄体ホルモンとエストラジオール(女性ホルモンのひとつ)のチエックもします。
このふたつのホルモンは協調して働き、妊娠を継続させる作用があります。

また、あまり生理周期に変動されない検査として、男性ホルモン、プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)の検査もあります。




ホルモン検査ではありませんが、クラミジア感染症のチエックも大切です。
どうしてかというと、クラミジアという病原体はしばしば、卵子が通過するトンネルでもある卵管の閉塞を起こすからです。


LH,FSH,黄体ホルモン、エストラジオール、男性ホルモン、プロラクチン、クラミジアにつきましては、採血によって調べることができます。





 また、超音波検査によって、子宮や卵巣を調べておくことも大切になります。
子宮の中に筋腫などがあれば、大きさと場所にもよりますが、妊娠を阻害する事があります。

また卵巣には、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)と呼ばれる袋状のコブのようなものがしばしばできます。
その内容物が血液であればチョコレート嚢腫と呼ばれて、子宮内膜症と診断されます。




 さらに大切な検査として、子宮内部に問題はないか、そして卵管の通過性を確かめるための「 子宮卵管造影検査 」があります。
なぜなら、通過因子を検査できるのは、子宮卵管造影検査だけだからです。

しかし、子宮卵管造影検査が行えない医療機関はとても多いので、よく調べて下さい。




それ以外の検査とて、セックスしたあと、パートナーの精子が子宮の中で元気かどうかを調べるヒューナーテストが行われています。
しかしこの検査は、再現性(2回行って同じ結果が出ること)が低く、セックスの時のコンディションや、検査までのj時間などにも強く影響されます。


これらの検査の他にも不妊の検査は多くありますが、大切なのは

●男性の精液検査
●女性のホルモンチェック(LH,FSH,黄体ホルモン、エストラジオール、男性ホルモン、プロラクチン)
●女性の子宮卵管造影検査


の三つです。

なぜならこの三つの検査で、異常が見られなかった方が、そのあとにさまざまな検査を行っても、新たな異常所見が認められないことが多いからです。

逆のいい方では、もし妊娠をしやすいかどうかのチェックを希望されるのでであれば、この三つのの検査を速やかに行ってくれる医療機関のドアを叩くことが重要だという事です。





ホルモンチェックはどこの婦人科でも行えますが、残念な事に子宮卵管造影検査の設備がある婦人科はまだ少ないのです。

これから不妊治療を始められる方は、ご自身が通おうと思っている医療機関で子宮卵管造影検査が受けられるのか、確認をしてみるようにして下さい。

そして検査をされた結果、お身体に異常が認められなかった時には、あなたのからだを体質から変えていくTHB岡山店も選択肢にお加えいただくと、嬉しく思います。

あなたからのお電話をいつでもお待ちしています。images (5).jpg

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ