岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


子宮内膜症~年々生理痛がひどくなる

《どんな病気?》
子宮内膜以外で子宮内膜が増殖

子宮内膜症は、生理の時に子宮の内膜からはがれる
子宮内膜が、子宮以外の所に出来てしまう病気です。

起こりやすい場所は、子宮と直腸のくぼみ(ダグラス禍)、卵巣、腹膜など。

子宮内膜症病変の周辺に、一種の炎症症状が起こるので、
痛みを起こしたり、卵巣、卵管、直腸などが癒着してしまう事があります。

ダグラス禍(だぐらすか)子宮内膜症ができると、
性交渉や排便痛の原因になります。

卵巣にできると、卵巣の中に出血を繰り返し、チョコレートの
ような古い血液が溜まって、卵巣が腫れてしまいます(卵巣チョコレートのう腫)。

卵巣チョコレートのう種のために排卵障害を起こしたり、
卵管に癒着があると、不妊症の原因になる場合もあります。

10代後半から発生し、生理を繰り返すごとに増殖していきますが、
50歳前後の閉経を迎えると急速に軽減します。


《原因》
経血の逆流説など

子宮内膜症の原因として、経血の逆流が指摘されています。

膣から外に出ていくはずの経血の一部が、子宮から卵管を通って、
腹腔内に散らばり、そこから子宮内膜症が発症するのではないか

と考えられています。

生理が繰り返されるたびに進行していくので、出産年齢の
高齢化が進み,妊娠によって生理が中断されないことが、
子宮内膜症にかかる人が増えている原因と言われます。


《治療法》
低用量ピルが中心

子宮内膜症の治療法には、薬物療法と手術療法がありますが、
本人がどのようなライフスタイルを選択するかによって、
大きく異なります。

すぐに妊娠を希望する場合には、早めに手術を行います。

ホルモン療法は時間がかかるうえ、妊娠率の向上は期待できず、
しかも薬の使用中は妊娠する事が出来ないためです。

最近では、お腹を切らずに小さな穴を開けて行う
”腹腔鏡下手術”を行う場合が多くなっています。

傷が小さいために身体への負担が少なく、
入院期間も4泊5日から5泊6日程度と、
開腹手術(8~9泊)よりも短くて済みます。

手術後1年半から2年以内に、妊娠を望んだ人の
30%以上の人が自然妊娠するというデーターがあります。

妊娠を希望していて術後2年以上たっても妊娠しない場合には、
年齢の事も考えて、体外受精に進む場合もあります。


一方、とりあえず今すぐ妊娠の希望はないので、
痛みの症状だけをコントロールしたい場合には、
まず鎮痛剤を使って様子をみます。

鎮痛剤では効果が不十分の場合は、ホルモン療法を行います。

この場合の第一選択薬は、EP配合剤(ルナベル)といって、
低用量ピルと同じ成分の子宮内膜症治療薬です。

21日間服用して7日間休養しますが、
出血量が少なくなるため、生理痛が軽くなります。

飲み始めに、吐き気などを感じる人もいますが、
飲み続けているうちに治まってきます。


自覚症状がひどく、EP配合剤でも効果が不十分な場合には、
黄体ホルモン製剤(ジェノゲスト)を使います。

子宮内膜そのものに直接働きかける作用が強いので、
重症の人にも効果が期待出来ます。

不正出血が起こりやすい事が報告されていますが、
個人差が大きいので、実際に使ってみて、
メリットとデメリットのどちらが大きいかを判断しましょう。


さらに症状が治まらない場合には、
GnRHアゴニスト(スプレキュア、ナサニ―ル、リュープリンなど)
による偽閉経療法を行います。

鼻にスプレーをするタイプと注射がありますが、
いずれも使用中は生理がなくなるため、
生理痛からは完全に解放されます。

ただし、骨量減少や更年期障害などの後遺症が強いため、
6ヶ月間しか使用はできず、最近では子宮内膜症の治療には
あまり使われなくなってきています。



薬物療法では症状がコントロールできない場合や、
卵巣チョコレートのう腫が7cmを超えている場合などには、
さきに手術を行って、その後薬で再発を抑えるケースも増えてきています。

年齢に関わらず、卵巣チョコレートのう腫の大きさが大きくなるほど、
悪性化のリスクが高まるので、手術を薦められる場合があります。

子宮内膜症は、閉経すれば自然に治りますが、
閉経前は子宮と両方の卵巣を摘出する根治手術を受けない限り、
再発しやすい病気です。

長く付き合う病気だという事を、しっかり理解して、
ひとつの治療が終わっても、継続的に医療機関で
チェックを受ける事を忘れないようにしましょう。


また妊娠の希望によって治療方法が異なるため、
自分にあった治療法を選択するためには、今後の妊娠を
どうしたいのか、早めに計画をしておく事が必要です。

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ