岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


"更年期のせいかも?"と疑って!

  • ■ 行動の変化
  • ぼーっとしていることが多い
  • 感情の起伏が激しい
  • 集中力や記憶力の低下
  • 「うつ」のような状態
  • 原因が明確なのに極度に不安や心配がる
  • 食欲がが落ちる
  • 性欲がなくなる
  • 今までのペースだとつらい、疲れる
  •  
  • ■ 具体的な症状
  • 全身のだるさ
  • 疲労感
  • 急な汗、のぼせ(ホットフラッシュ)
  • めまい
  • 関節痛(四十肩、腰痛、ひざの痛みなど)
  • 腹部の膨満感
  • 肌のシミやシワ、たるみ
  • 骨粗しょう症
yajirushi-002.jpg

これらがひどくなり、生活に支障が出ると「更年期障害」と呼びます。

でも治療をすればかなり解消できます。



「更年期」とは、生理がなくなる50歳前後のおよそ5年ずつの10年間をさします。
「ただ、40歳前後から症状が出る人、50歳を過ぎても症状を感じにくい人も」と東峯クリニック院長の松峯寿美さんは、更年期の症状や期間には個人差が大きいと指摘します。

この時期、女性の身体はどう変化するのでしょう。
簡単にいえば卵巣の機能が滞り、やがて止まる。
つまり、「女性ホルモンが減少し、閉経する」ということです。

これは、生きている間ずっと精巣のの機能が持続する男性とは異なる女性特有の変化です。

この女性ホルモンの減少が、40代以降の女性に多様な不調を引き起こします。
子どもを産むという生殖機能が役割を終えるだけでなく、血管、脳、内臓、骨、皮膚、性欲にも影響を及ぼします。

急に血圧やコレステロールが高くなったり、骨粗しょう症になったりという具合に生活習慣病が急に身近になってきます。
女性ホルモンはこれまで女性を病気から守ってくれていた”守護神”ともいえるのです。


具体的な症状は、最初に掲示させて頂いたとおり。
「更年期の女性なら、誰でもなにかしら症状が出るもの。我慢できる程度を越えて生活に支障が出るなら、”更年期障害”という病気。早めの治療をおすすめします」(松峯先生)。

夫にとっては、妻の言動は不可解で、怠けているように見えるかもしれません。
けれど、大事なのは「加齢に伴う避けられない女性の身体の変化」ととらえ、特有な言動を理解し、気持ちに寄り添ってもらうことです。

「更年期障害にはホルモン療法や漢方薬、対処療法のほか、カウンセリングが有効です。夫も妻の話を聞く事ならできるはず」(松峯先生)。

もし妻が辛そうなら、婦人科を受診するように背中を押してあげることも、夫の役割。
この時期の女性は子どもや親の問題など多くのストレスを抱え、自分の事を後回しにしがち。

夫が自分の事を気遣ってくれているとわかるだけでも、妻は安心できますし、治療を受ければ早く楽になれます。


【主な治療法】

ホルモン補充療法(HRT)
分泌量が減った女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」を少量補う治療で、更年期障害の代表的な治療法。
特に急な発汗やのぼせ(=ホットフラッシュ)に対しては速効性に優れており、「すぐに症状を抑えたい」人におすすめ。
ほかに、全身のだるさや関節痛、精神症状のほか、膣の乾燥など改善効果もあり、性交痛の緩和にも有用。
飲み薬、塗り薬、貼り薬など剤形の選択肢も多く、医師と相談して選べます。
ホルモンの減少によって状態が悪くなる血管や脂質代謝、骨などを改善する副効果も。


漢方薬
ホルモン補充療法に抵抗がある人や、症状が多肢にわたる不定愁訴が多い人に向く治療法。
「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」や「加味逍遥散(かみしょうようさん)」などが代表的な処方例です。
ホルモン補充療法と併用することも多いです。


精神安定剤などの対症療法
ゆううつ感やイライラがひどい人に対しては精神安定剤。
不安が多い人には抗不安薬、動悸やホットフラッシュに対しては自律神経調整剤などが処方されます。



 受診先を探すヒント
 女性の健康とメノポーズ協会 婦人科・更年期外来リスト
http://www.meno-sg.net/iryou/list.html





更新

<< 前の記事 次の記事 >>

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ