岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


むくみ

●むくみは細胞と細胞の間に血しょう成分が滞った状態

脚や顔に生じるむくみ。
どうして起こるのでしょう?

「人間のカラダには全身を巡るように動脈・静脈の二つの血管とリンパ管が張り巡らされています。そして、心臓ががポンプとなって送り出した血液は動脈を通ってカラダのあちこちへ行き渡り、血液の血しょう成分が、細胞間の細胞間液となって細胞に酸素や栄養を届けます。その後細胞間液は、細胞で使われた後の二酸化炭素や老廃物を回収し、再び血液の血しょう成分となって、静脈やリンパ管を通り心臓に戻ります。この時静脈の働きが悪かったり、リンパ管がスムーズに流れなかったりすると、細胞間液が血管に戻らず細胞と細胞の間に滞ってしまいます。これが”むくみ”となって現れるのです。」(目黒西口クリニック・院長南雲久美子先生)



●冷たい水分を多く摂るほど、むくみやすくなります

女性は男性より筋肉量が少ないためにむくみやすいと言われています。

それは体内の水分を心臓まで戻すポンプ作用が弱いからです。特にアラフォー世代以降の女性は、新陳代謝機能が低下するため、さらにむくみやすい傾向が。ベースにそのような状況があると、季節の影響も受けやすく、冷たいものを好まれる方は特に、欲するがままに水分をたくさん摂る程、体内の水分量が多くなって一層むくみやすくなります」

塩分の摂りすぎが一因となる場合もあるのだそうです。

「スナック菓子やインスタント食品など塩分の強い食事をしているとナトリウム量が体内に増え、そのナトリウムの濃度を下げようとカラダが水分を溜め込んでしまい、これがむくみとして現れます。一度むくんでしまうと、細胞への養分の取入れや、老廃物の排出がうまくいかなくなるため、さらにむくみが悪化しやすくなります。また、もしもむくみが繰り返し起こる場合は、病気の一症状の可能性もあるので、注意してください」



●むくみと冷えは一セット。冷えを解消することが大切

また、むくみには冷えが密接に関わりあっていることも。

「カラダが冷えると血管が縮んで血行が悪くなるため、静脈での水分回収が鈍り、老廃物を処理しきれなくなり、むくみを引き起こしやすくなります。むくみの解消のためには、水分の摂り方とともに、カラダを冷やさないことが大切です。カラダが温まると血流もよくなり、むくみも解消されますよ」



【解消ポイント】下半身を鍛えて、滞った水分の巡りを解消!

最もむくみの症状が出やすいのが脚。
朝履いてきた靴が夕方になると入らないという経験をもたれた方も。

こういったむくみに悩まされるアラフォー世代の女性の中には、同時に”少し動いただけで汗が流れでる”などと悩まれる方も多くいらっしゃるはず。

「これは”冷えのぼせ”という冷え性に由来する症状で、カラダの上半身、特にあたまや顏だけがのぼせたように熱くなる症状です。手や足さきなどの毛細血管へ血液が行き渡らず、血流が悪い状態になっている現れです。あしのむくみも冷えのぼせも、下半身をうごかして筋力をつける必要があります。あしの筋肉は”第二の心臓”ともいわれ、心臓から送り出された血液やリンパ液を、再び心臓に戻すポンプの役割をしています。この筋肉が弱くなるとポンプが働かなくなり、余分な水分を排出できず、同時に血液循環も悪くなるため、冷えを招いてしまうのです。これを解消するためには、こまめに下半身を動かす習慣をつけることです。座りっぱなしや立ちっぱなしの生活を避け、歩くタイミングをあえて作るようにしましょう。そして、家でテレビを見たりしてリラックスしているときも、『おしり歩き』などを実践して、下半身の筋肉を意識して使いましょう」



【解消ポイント】おしっこで水分を効率よく出す!

むくみを解消するためには、体内の余分な水分を外に出すことが必要です。

その為には、38~40℃くらいのぬるめのお風呂にゆっくりつかる事を習慣にするといいのだそうです。

「ねるめの湯に長くつかると自律神経の副交感神経が優位に働き、カラダはリラックスし、筋肉も弛緩しはじめます。すると、内臓の血流が増えて、腎臓の血流と尿の量が増えることで、余剰水分が外に排出されていきます。体内の余分な水分を排出するために、汗をかくというのも一案ですが、たくさん出そうとするのは逆効果です。なぜなら汗は水分調節のためではなく、体温調節のために出るものです。汗をかくと、水分が蒸発するときに皮膚から熱を奪うために冷えてしまうのです。リラックスできるぬるめのお湯よりも心臓がドキドキする位熱い湯に入る方が汗はでます。汗をたくさん出すことと血流と汗とおしっこの量を増やす事は相反することです。結果的には、ぬるめのお湯にゆっくりつかってじんわり汗をかく方がぬくみの解消につながります。」


THB岡山店で行っています『可視総合光線療法』、いわゆる光温浴ですが、特に脚や下半身にむくみをおもちの方にも効果があるために、むくみでお悩みの方にはぜひおすすめしたい療法です。

ご興味をお持ちになられた方は、いちどお電話下さいませ。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ