岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


慢性的な便秘が病気を引き起こす

女性の8割が便秘に悩んでいる、と言われています。
また一部の人にとっては、便秘が日常化しているのかもしれません。

そんな方ほど感覚が鈍っていらっしゃって、便秘でもさほどつらく感じられずに放置されている…ようです。

しかし最近では、便秘は慢性化するほど怖い病気の引き金になってしまう事がわかってきました。

『慢性的な便秘で腸に炎症が起きる!?』


慢性的な便秘は、便が腸内に長く滞留するため、異常発酵(腐敗)が起こり、有害物質を生み出します。

その結果、有害物質によって腸が局所的に刺激され、炎症が起こる事に。

炎症とは、身体が有害な刺激を受けた時に起こる反応を指します。

腸の粘膜には体内の免役細胞が多く集まっているので、腸に炎症が起きると、アレルギーや腸炎の原因になる可能性も高くなるのです。


『便秘は腸のバリア機能を低下させる!?』


腸上皮細胞にある絨毛(じゅうもう)は、有害物質から身体を守るバリアとしての働きと、食べ物から栄養を取り込む働きをしています。

便秘が慢性化して便が腸管を刺激すると、腸管粘膜にじわじわと炎症をもたらし、絨毛が短くなります。

すると、腸管のバリア機能が低下。

ウイルスや有害物質などが腸から吸収されてしまう心配がでてきます。

慢性的な炎症があると、腸管の筋肉にむくみが生じて、腸のぜん動運動が低下してきます。

腸が動かなければ便は移動できず、さらに炎症を招き、ひいては腸管バリア機能を低下させる心配がでてくるのです。


『女性の死因NO.1の大腸がん。これも便秘が原因!?』


平成7年頃までは、女性のガンによる死亡率のトップは胃がんでした。・

次いで大腸がん、肺がん、そして乳がんの順だったのですが、現在では大腸がんが女性の死因NO.1になっています。

腸に炎症が繰り返し起こると、細胞の生まれ変わりにエラーが起こり、がん細胞が生まれやすくなります。

以前は20~30代ではガンを疑う事はほとんどありませんでした。

しかし今では発症年齢は確実に若年化しています。

腸の炎症を避けるためには、腸内環境を整えて便秘を予防していく事が第一だと言えます。


腸が汚れる、という事は単に腸内の悪玉菌が多くなるだけではありません。

悪玉菌が発がん性のある有害物質を多く産生することで、腸の病気を引き起こします。

またその有害物質は、腸壁から血液を通じて全身にも巡るのです。

なので腸内環境を整えるという事は、お通じが改善されて便が排出されやすくなって、有害物質の吸収を予防する事を意味します。

でも腸については、それだけではありません。

本来腸は、消化や吸収、排泄のために多くの血液がめぐっている場所です。

そのために腸壁からはさまざまな栄養を吸収する事が出来ます。

からだに入ってきた栄養素をきちんと取り込むために、腸内環境は必ず良くしておかなければならないのです。


THBのダイエットでは、まずお通じを改善させるために、今の体温を改善させて腸本来の動きを取り戻させます。

その結果、悪くなっているお通じが改善されていきます。

また腸の動きが戻ってくると、全身の血流が良くなり、身体も温まって基礎代謝が増していきます。

同じ量をたべても太りにくい身体が作れるのです。

そして腸が活発に動けば、からだにとって必要な営養素を腸壁から十分に取り込むことが出来るので、胃もたれや顏のふきでもの、毛穴のつまりなど美容の面でも改善が見られるるようになります。

あなたも出来るだけ早く腸美人を目指すことが、健康のために、そして美容のためにも必要である、という理由はこういうことからなんです。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ