岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


むくみ...むくみは細胞と細胞の間に血漿成分が滞った状態

脚や顔に生じるむくみ。
いったいどうして起こるのでしょう?

”人間の身体には全身を巡るように動脈・静脈の二つの血管とリンパ管が張り巡らされています。
そして、心臓がポンプとなって送り出した血液は動脈を通って身体のあちこちに行き渡り、血液の血漿成分が、細胞間の細胞間液となって細胞に酸素や栄養を届けます。


その後細胞間液は、細胞で使われたあとの二酸化炭素や老廃物を回収し、再び血液の血漿成分となって、静脈やリンパ管を通り心臓に戻ります。
この時静脈の働きが悪かったり、リンパ管がスムーズに流れなかったりすると、細胞間液が血管に戻らず細胞と細胞の間に滞ってしまいます。

これが”むくみ”となって現れるのです。


女性は男性より筋肉量が少ないためにむくみやすい、と言われています。
それは体内の水分を心臓までもどすポンプ作用が弱いからです。

特にアラフォー世代以降の女性は、新陳代謝機能が低下するため、さらにむくみやすい傾向が。
ベースにそのような状況があると、季節の影響も受けやすく、冷たいものの摂取がやめられない方にとっては、体内の水分量が多くなって一層むくみやすくなってしまいます。

塩分の摂りすぎが一因となる場合もあります。

スナック菓子やインスタント食品など塩分の強い食事をしていると、ナトリウム量が体内に増え、そのナトリウムの濃度を下げようと身体が水分をため込んでしまい、これが”むくみ”となって現れます。
一度むくんでしまうと、細胞への養分の取り入れや、老廃物の排出が上手くいかなくなるため、さらに”むくみ”が悪化しやすくなります。

また、もしもむくみが繰り返し起こる場合は、病気の一症状の可能性もありますから、注意して。

『むくみと冷えは一セット。冷えを解消することが大切です。』

また、”むくみ”には冷えも密接に拘わり合っていることが分かっています。
カラダが冷えると血管が縮んで血行が悪くなるため、静脈での水分回収が鈍り、老廃物を処理しきれなくなり、”むくみ”を引き起こしやすくなります。

むくみ解消のためには、水分の摂り方とともに、身体を冷やさないことが大切です。
身体が温まると血流もよくなり、”むくみ”も解消されますよ。


〔太る理由〕
水分が停滞している分、見た目に太くなり、体重も増えます・・・特にむくみやすいのが顔と脚。むくむと顔が大きく、脚が太く見えたリします。
代謝が悪くなるため、エネルギー燃焼が低下します。
脂肪をため込み、セルライトの原因にもなります。

水分が排出されると、見た目がスッキリに・・・むくみを解消するには、体内で過剰になった水分を老廃物として排出させることです。
そして、滞った水分の巡りを良くすることです。
そのためには、運動や体を温める方法を選んでみてください。



更新

<< 前の記事 次の記事 >>

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ