岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


冷えが引き起こす不調のメカニズム

女性の不調や病気の根っこに冷えがある

ひと口に冷え症と言いますが、寒さを感じる度合いが普通の人より強く、「とにかく寒いのが苦手」なのか、それとも「身体全体は寒くないのに、夏でも手足や下半身が冷えている」のかなど、冷え症のタイプはいくつかあります。

あるいは、冷え症の自覚はないけど、肩こりや頭痛、生理痛、便秘、下痢、むくみ、めまいなどのトラブルに悩まされてはいませんか?

こうした不調の原因が、実は身体の「冷え」にあるのです。
冷えをそのまま放置しておくと、ガン、子宮筋腫、卵巣のう腫、不妊症、心臓病、腎炎といった病気を呼び込む恐れさえあります。

女性が悩む不調や病気の多くの根っこに冷えがある、と言っても過言ではありません。
裏を返せば,身体の冷えをとる事、すなわち身体を温めることで不調から解放され、健康な身体を手にする事ができるのです。


体内で起きる、さまざまなマズイこと

では、どうして身体の冷えが不調や病気へつながるのか、そのメカニズムを簡単に説明しましょう。
身体が冷えると、まず血流が悪くなります。

血液は必要な栄養や酵素を臓器へ運び、同時に老廃物などを回収するという大切な役目があり、血流が悪くなれば当然ながら臓器の働きに影響します。
肩こりや生理痛といった痛みも、冷えてその部位の血流が悪いために起こると考えられます。

身体全体が冷えて体温が一℃下がってしまうと、免疫力が30%も低下します。
免疫は体内の老廃物を食べたり、ウイルスや病原菌が体内に侵入したとき攻撃する役目があるのですが、この働きが低下したらどうなるでしょうか?

老廃物は身体に溜まるし、ウイルスや病原菌に対する抵抗力が弱くなります。
結果、疲れやすく、風邪をひきやすいといった症状を招いてしまうのです。


免疫力だけでなく代謝も下がります。
体温が一℃下がると代謝は約12%低下し、糖分や脂肪の燃焼効率が落ち、ひいては糖尿病や肥満を導きやすいと推定されます。


また余分な水分がうまく排泄されず、むくみの原因ともなります。


現在、日本人の2人に1人はガンを発症する事をご存知ですか?
ガンを患う人が増えている背景にも、冷えが関与しているのではないかと考えられます。

なぜならば、ガン細胞が最も増殖しやすいのは体温が35度台というデーターがあり、35度台の人が増えている最近の日本人は、ガン細胞が増殖しやすい身体になっているというわけです。


身体を温めることが健康と美容への近道

体温が1℃下がると免疫力は約30%下がりますが、反対に1℃上がれば免疫力は5~6倍にアップする事がわかってきました。

まずは血液が温まって血行が改善される。
各臓器や器官に酸素や栄養素が充分に運ばれるようになり、機能が活性化して免疫力や代謝が向上する。

36度未満の低体温になると排泄に障害が生じるのは、排泄をつかさどる腎臓がもっとも冷えを嫌うから。
体温が上がれば腎臓の調子も良くなり、ひん尿・乏尿といった排泄トラブルが改善されます。

身体を温めれば、よいスパイラルが生まれるのです。


《熱を生みだす主な部位》
身体が熱を生みだす仕組みを「熱産生」と言い、体内のあらゆる臓器・器官で行われています。
身体が熱を生みだす事で体温が保たれ、人間の生命や健康が維持されているのです。

脳・・・・18%
心臓・・・11%
肝臓・・・20%
腎臓・・・ 7%
骨格筋・・22%
皮膚・・・・5%
その他・・・17%

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ