岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


身体と脳のエネルギー源...でも。

【糖質】
三大栄養素のひとつで、炭水化物の多くを占めます。
身体と脳のエネルギー源となりますが、摂りすぎると肥満の原因に…。



糖質は人の身体にとって重要なエネルギー源。
タンパク質、脂質と並ぶ三大栄養素のひとつである「炭水化物」の主成分です。

糖と言えば「甘いもの」と思いがちですが、穀類やイモ類、果物などに多く含まれています。
糖質は、同じように身体のエネルギー源となる脂質やタンパク質と比べ、すばやく使えるという特徴があります。

食べ物から摂取された糖質は、小腸で消化・吸収されると、最終的にブドウ糖となり、血液に乗って各細胞に運ばれます。
脳の栄養になるのはブドウ糖だけなので、糖質が脳を働かせる唯一のエネルギー源なのです。

『余った血糖が体脂肪になる!』
糖質は、結合している分子の数で単糖・少糖・多糖の3種類に分かれています。

果物に含まれる果糖などの単糖類は、分解されやすく、食べてすぐエネルギーに変わります。
反対に、糖類に含まれるでんぷんなどの多糖類は分解が遅いので、腹もちが良く、持久力のあるエネルギーに。

少糖類はその中間で、砂糖やオリゴ糖が代表的です。

糖質を摂る時は、この分解されてブドウ糖に変わる速さに注意が必要です。
摂り方次第では肥満の原因に!

血液にブドウ糖が入ると、血中の糖の濃度=”血糖値”が上がります。
すると、膵臓から『インシュリン』というホルモンが分泌され、糖を各細胞にエネルギーとして送り込むように働きます。

この時、果糖や砂糖などの分解されやすい糖質は、一気に血糖値が上がり、インシュリンも大量に分泌されます。
大量のインシュリンは、血中のブドウ糖を細胞にドンドン運びます。


細胞でエネルギーとして消費されなかったブドウ糖は、肝臓に蓄えられます。

ここで、貯蓄可能量を超えると脂肪細胞に送られ、体脂肪=ぜい肉になるのです。


これを防ぐには、ブドウ糖に変わるのが遅い食材を摂り、インシュリンが大量に出ないようにすること。
そんな時に役立つのが、食材のGI値(グリセミックス・インデックス)です。

GI値とは、食材に含まれる糖質が分解され、血糖値を上げるまでのスピードを数値化したもの。
数値が高いほど、血糖値の上昇が速くなります。

このGI値が高くないものを中心に食べるのが『低インシュインダイエット』です。

砂糖や小麦粉、白米、じゃがいもといった”白い食品”は数値が高いので、やせたい人はあまり摂る事をお薦めしないものです。

また最近「糖質の摂りすぎが肌の老化を引き起こす」と話題になっているのが”肌糖化”です。

”糖化”とは、血糖値が急上昇した時に、体内にあるタンパク質と糖が結びついて炎症を起こす事。
シミ・しわ・たるみなど肌老化の原因になるといわれています。

〔糖質制限で無理なくやせる!〕

そもそも日本人は、欧米人に比べ、インシュリンを分泌する能力が低い…のだとか。
江戸時代までの食生活ではGI値の低い雑穀や野菜が主食で、インシュリンを多くだす必要がありませんでした。

しかし欧米化が進み、甘いものやパンなど精製した小麦粉をたくさん食べるようになりました。
こうした食生活に、私達の身体はついてはいけないのです。

今、日本ではインシュリンが正しく働かない糖尿病の患者が、若い世代にも増えています。
糖尿病の予備軍を含めると、推定2.210万人という調査も。

これはおよそ成人の3人に一人という驚きの結果なんです。


最近では、糖尿病の患者さんのための「糖質制限食」が、ダイエット効果が高いと話題に!
糖質オフ、糖質ゼロのドリンクやお酒も増えています。

糖質さえ制限すれば、脂質やたんぱく質はしっかり食べてよく、カロリー制限よりラクと人気のようです。
また無理な我慢はストレスになるので、たまには糖質オフの商品を活用することもお薦めします。

大切なエネルギー源の糖質と上手に付き合う事で、若さと健康を保ちましょう。
それでも、年令と共に脂肪が気になってきた女性の方には、THB岡山店もおすすめです。

スタッフが、あなたのお悩みを解決すべく、お待ち申し上げております。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ