岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


ご飯とパンでダイエット!...主食を少し変えるだけ!

〈白いパンはお砂糖並み。なるべく控えてご飯や食物繊維の多い主食を選んで〉

「主食」は食事の基本中の基本。
でも、同じ主食となるご飯とパンでも身体への影響は異なります。
また、同じご飯やパンでもその選び方によって、太りにくくなったり、逆に太りやすくなったりする危険性があります。

ではどんなご飯やパンを選べばいいのでしょうか?

女性に食生活のアンケートをすると、朝は”いつもパンとコーヒー”と言う人が少なくありません。
食パンではなく甘い菓子パンなどを食べる女性も多いのですが、実はどちらもおススメできないものなんです。

なぜなら、それは太りやすいうえ、お肌にも良くない食事だからです。

小麦は精製したものはもちろん、たとえ全粒粉であっても、食後の血糖値を急上昇させるという最新の研究結果もあります。

血糖値が上がると、身体はインスリンというホルモンを出して血糖値を下げようとしますが、インスリンは身体に脂肪をため込む働きもあるのです。
それに血糖値が高い状態は、お肌のたるみの原因にもなります。


同じパンの中でも、ライ麦パンのように、未精製で食物繊維をたっぷり含む食材なら、血糖値の急上昇は抑えられます。

また最近の研究では、小麦のタンパク質の一種”グルテン”は、摂取後に細かい分子となって脳に入り、気分を高揚させるため、例えば毎朝小麦を食べると、お昼にもサンドイッチやパスタが食べたくなる、といった一種の”クセになる状態”を起こす事がわかってきました。

逆に食べないと気分がふさいだり、だるくなったるとまるで”禁断症状”のような事も。
さらに米国でいま注目されているのは、パンなどを食べて起こる「グルテン過敏症」。

アレルギーほど重くはないのですが、イライラしたり集中できないなどの状態に。


パンの中にはショートニングやマーガリンなど、メタボだけではなく、不妊などとの関連も示唆される”避けたい”油、トランス脂肪酸が入った製品も多いのです。
成分表示をキチンと読まれる事をおススメします。

材料表示は多い順に書かれてあります。
白い小麦の炭水化物も糖質ですが、砂糖や果糖、ブドウ糖、液糖のような糖質も意外と多く含まれています。

おススメしたいのは主食にご飯を選ぶこと。
するとおかずに野菜や大豆、魚を食べたり、自然に栄養素が摂れる食事になっていきます。

でもパンだとバターやジャムなど、油や砂糖を一緒に摂ってしまい、カロリーは多いけれど栄養がない、太りやすい食事になってしまいます。

ご飯は、玄米が理想です。
玄米の状態ですと食物繊維も多く、ビタミンB1などの栄養素、胚芽部分に抗酸化作用のある脂肪分も含んでいます。

けれど精製の仕方でお米の状態も変わり、胚芽米になると、外皮がなくなり、白米になると胚芽もなくなります。
ただし、農薬の悪影響を避けるためにも、ほかの食材同様、玄米もぜひ有機栽培のものを選んでください。

白米を炊く時にも、ぜひ雑穀を混ぜたり、麦を混ぜる事で食物繊維量を増やせます。
炊き込みご飯もおススメです。

豆や野菜を一緒に摂ることで、栄養価や繊維量も増やします。

栄養価を含み、身体にゆっくり取りこまれる繊維分の多い主食を選んで、キレイなカラダを作って下さい。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ