岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


夏に太りやすいのは...

夏に太りやすい理由…。それはエネルギー代謝が下がるため

夏は食欲が落ちるのに太ってしまう…。

その原因が明らかになってきました。

「温度環境の違いは肥満に影響するのかどうか?」
という実験が行われました。

これはマウスを、気温30度または22度の環境下で
それぞれを生育させる、というものです。


その結果、気温30度の環境に置かれた
マウスのグループでは、気温22度の環境下の
マウスのグループに比べ、食べる量は減っている、
にもかかわらず体重は増えたのです。

血中の中性脂肪や肝臓での脂肪の蓄積も
同じように増えていました。

さらに、気温30度の環境にいたマウスのグループでは、
体内で脂肪を燃焼させて”熱”を作る『褐色脂肪細胞』
の働きも落ちているのがわかりました。

この結果から、
真夏と同様に気温30度の環境にいると、
エネルギー代謝が下がり肥満や脂肪肝が増えてしまう

という結論になったのです。


「エネルギー代謝」が下がって太りやすくなる「夏!」。

「エネルギー代謝」を高めたいならば、実は
『褐色脂肪細胞』を活性化してくれる「食品」が
その助けとなってくれます。

例えば、スパイスや緑茶、コーヒーなどが
動物実験やヒト試験で効果も確認されています。


それでは『褐色脂肪細胞』が活性化すると、
なぜ体脂肪は減るのでしょうか?

それは、カプサイシンなどの食品成分の刺激が
皮膚や胃腸などにある温感センサーを刺激して、
交感神経を介する事でノルアドレナリンを分泌させます。

この刺激が『褐色脂肪細胞』に働きかけをして、
エネルギー消費は増え、体脂肪が減る、
といった効果をもたらします。


それでは寒い所にずぅ~っといればいいのか?

この質問のお答えとしては、
寒冷環境では『褐色脂肪細胞』は活性化しますが、
気温19度の寒冷刺激を2時間程受けないと
効果は出ないそうです。

逆に気温27度以上の温暖な環境では、
その効果は消えてしまいます。


そのため寒冷環境に身を置くよりも、
食品力に頼る方が、お手軽と言えそうです。

褐色脂肪細胞が活性化すると体脂肪が減る理由

皮膚や胃腸にある温感センサー
yajirushi-002.jpg

yajirushi-002.jpg
交感神経
yajirushi-002.jpg
ノルアドレナリンの分泌
yajirushi-002.jpg
褐色脂肪細胞に働きかける
yajirushi-002.jpg
エネルギー消費量が増えるup
yajirushi-002.jpg
体脂肪が減るdownwardright
 

褐色脂肪細胞を活性化して体脂肪を燃やす食品

唐辛子・ショウガ・黒コショウ・ニンニク・

玉ねぎ・わさび、辛子・シナモン・

緑茶・ミント・ペパーミント・

エキストラバージンオリーブオイル・

甘味料・珈琲 など


岡山のダイエット店『光ビューティーラボ彩』では、
光源が作る人工太陽光の光を、まずみなさんには
当てていただいてます。

そしてその時間帯には同時に、日頃の生活習慣やお食事など、
出来るだけ早く皆さんが体質改善ができるように
色々なお話もお伺いをして、アドバイスも
させてもらっています。

皆様がより早く満足する効果が出せるように…。

スタッフ一同、それだけを考えています。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ