岡山市の光ビューティーラボ彩なら健康的にダイエットを実現

光ビューティーラボ彩


間違ったダイエットはむくみにつながる⁈

「ダイエットもむくみの原因に⁈」

これは「ダイエット」をする事自体が、sutoresu-001.jpg
「むくみ」につながる…。

そんな風にも考えられそうですが、
決してそういう事ではありません。

過激な方法や間違ったやり方での
”ダイエット”をされる方には、
必ず落とし穴があって、
その結果がむくみにつながる、という意味です。

これは「むくみ」ができるメカニズムが
わかれば、理解がしやすいかと思います。

”ダイエット”をすることで、
むくんでしまうという、
代表的な例を上げてみましょう。

脚の筋肉量が減る=「筋ポンプ」の働きが低下する!

”ダイエット”を行う事で、体脂肪だけが
減っていくなら、問題はありません。

しかし「食事を極端に減らすダイエット法」
という、いわゆる『食べないダイエット』
をすると筋肉量の低下までを招いてしまいます。

その結果、脚の筋肉は減少fukurahagi.jpg
してしまい、血液を心臓へ戻す働き、いわゆる脚の
「筋ポンプ」の働きまでも低下してしまう事に…。

ここで言う
「脚の筋肉量の低下=「筋ポンプ」の働きの低下」とは、
脚に溜まった静脈血を心臓に戻すことができにくくなる
という事。

ですから、脚には「むくみ」が起こりやすくなります。

低たんぱく血症(低アルブミン血症)で起こる可能性も…

食べないダイエットによって、
栄養摂取量の不足を起こしてきた場合。

「低たんぱく血症(低アルブミン血症)」
になる可能性があります。


〈低たんぱく血症とは…〉
血液中のたんぱく質濃度が、
低下している状態を指します。


通常体内では、食物から作られた”アミノ酸”
を元にして、肝臓やリンパ組織で
「タンパク質」を作り出しています。

「タンパク質」は、アルブミンやグロブリン、
その他の形で、代謝やからだに必要な物の運搬、
血液浸透圧の維持、免疫力の維持、血液凝固の働き
など、色々な要素において必要になるものです。


〈低アルブミン血症とは…〉
「低アルブミン血症」というのは、
”低たんぱく血症”の代表的なものを指します。

これは、
”アルブミン濃度が極端に下がってしまう事”
を意味します。

体内の血清中にある”総たんぱく量”。

その60~70%は「アルブミン」
で占められています。

実はこの「アルブミン」が減少をしてくると、
水分を毛細血管の中と外で、行っているやり取り。

その力の源である
「膠質浸透圧(こうしつしんとうあつ)」が低下
してくるので、細胞には余分の水分が流れ込んできます。

その結果として、「むくみ」は引き起こされるのです。

極端なダイエットも控えましょう!

その他にも、間違ったダイエットが
引き起こす『ビタミンB1欠乏症』

この事が原因となる”脚気”などは、
全身に「むくみ」を引き起こしてしまいます。

”ダイエット”も健康的に痩せなければ、
行う意味がありません。

そのために”ダイエットを行う”際には、
その方法には充分に注意を払って行って下さい。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

光ビューティーラボ彩のご案内

住      所:
〒700-0924
岡山県岡山市北区大元2-1-18
アクセス:
岡山駅から車で10分
お問い合わせ・ご予約
086-250-2825
受付時間:
【平日】
8:50~12:00/15:00~19:00
【土曜】
8:50~14:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ